DX実現への道のりは、組織・チームがトランスフォーメーションする過程とも言えます。
デジタル化やツールの導入は前提にすぎず、それらを扱うメンバーの意識やコミュニケーションのあり方、組織風土に起こる変革こそが、真のDX実現に向けた確かな道筋をつくります。

メンバーの意識やコミュニケーションのあり方、組織風土といったカルチャーは、長い年月をかけて強固に根づいており、変えることは困難と感じられるかもしれません。たしかに、一足飛びにうまくいく特効薬のような施策は存在せず、現在地を確認しながら一進一退を繰り返していくしかありません。果たして前に進んでいるのかどうか分からなくなることもあるでしょう。

レッドジャーニーのDX支援、仮説検証支援は、目の前にある課題解決そのものだけを目的とせず、その先にある大きなゴールを見据えて自走する組織・チームになることを目指します。時には、タスク管理の仕方や基本的な仕事の進め方からアドバイスすることもあります。DXや仮説検証、アジャイルを、言葉の理解を超えて本質にたどりつき、腑に落とし、深めながら実践につなげるための伴走支援です。

「ともに考え、ともにつくり、ともに越える」―レッドジャーニーがこれまでに行ってきたDX支援、仮説検証支援の事例をインタビュー形式でご紹介しています。ぜひご一読ください。

■一覧はこちらです。

DX支援の事例

日本生活協同組合連合会

仮説検証支援の事例

東京ガス株式会社

NECネッツエスアイ株式会社

野村證券株式会社

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社

DXのお困りごと、ご相談ください。

レッドジャーニーでは、DXプロジェクトへの伴走支援仮説検証型アジャイル開発に関する研修プログラム新規事業開発への伴走支援DX人材の育成支援地方アトツギ支援などを行っています。いずれも、基本となるサービスやプログラムを個社ごとの状況や課題にフィットするようカスタマイズしてご提供いたします。経験豊富なメンター陣による講演やセミナーも承っております。

まずは、今お困りのことをお聞かせいただけたらと思います。こちらのフォームよりお送りください。

個別の事業について

■研修・ワークショップ

■メンタリング・コンサルティング

■開発支援

Red 事業について

DX Journey

XE Journey

REDラボ

リーン・ジャーニー・スタイル

正しいものを正しくつくる

リモートワーク化支援