ターゲット
大企業 国・自治体 地方アトツギ
提供サービス
コンサルティング・メンタリング 人材育成支援 チーム育成支援 研修・ワークショップ 段階的かつ複合的

これからDXをはじめる組織に、
変革を推進し続ける人材を育成するプログラム

DX人材育成インセプションプログラムへのお問い合わせ

DXに必要な人材・チームを育成します

以下のようなご要望にお応えします。

  • DXの変革を推進し続ける人材を育てたい
  • DXが当たり前の組織を目指したい
  • 組織にDX文化をスケールしたい

DXを推進するカギは人にあり

企業でのDXの目的

企業におけるDXの目的は以下の3つに集約することができます。

  • 顧客視点の獲得
  • 市場変化への迅速な対応能力の獲得
  • 新規デジタルビジネスの創出

目的達成のための人材とは

これらのDXの目的を達成するためには、以下のようなスキルを持った人材が必要不可欠です。

  • 自社業務に合う技術を選ぶことができる
  • 自社の組織文化に合うあり方を探索し、変革を推進し続けることができる

こうしたスキルを持った人材を、XE(トランスフォーメーション・エンジニア)と呼んでいます。

弊社では、事業会社におけるXE育成のためのガイドラインとして、「XE Criteria」を策定しています。

XE Criteria」は、DXプロジェクトの計画や人材育成の計画、個人・チームの目標設定と、それらのカイゼンに役立てていただくことを目的に作成しています。

※XE Criteriaを用いてご提供するXE育成支援「XE ジャーニー」について、 詳しくはXEジャーニーをご覧ください

DXで変革に迷いを感じたら

一歩ずつ

実行可能な小さな目標を立て、ひとつずつクリアしていく

小さな成功

小さな成功を積み重ねて自信をつけていくことで、次の挑戦への意欲が芽生える

「なにごともスモールスタートで成功体験を積み上げる」

そこで「DX人材育成インセプションプログラム」をご用意しました

DX人材育成インセプションプログラムとは

「DX人材育成インセプションプログラム」はXEジャーニーのXE育成支援のスターターセットです。組織の問題点を整理し、人材の育成サイクルや成長サイクルをチーム醸成・成長につなげていくための第一歩となります。

DX人材育成インセプションプログラムの流れ

  1. XECriteria診断
    星取表で現状把握
  2. チーム状況の判明と分析
    チャートでチームの力量把握
  3. メンバー育成方針を決定
    個人・チームでの強化策を決定
    • どのカテゴリーが業務上重要か?
    • チームのストロングポイントは何か?
    • チームの弱点は何か? チームで強化したい
    • カテゴリーは何か?
    • 個人で伸ばしたいスキルは何か?
  4. 共通研修実施
    共通認識・共通体験
  5. ピアコーチング
    研修後の互いの気づき・お互いの成長
    • 上下の関係性ではなく現場のメンバー同士がコーチング
    • 組織全体で見えない課題が浮き上がってくる

「DX人材育成インセプションプログラム」終了後は2nd Journey へ

2nd Journey(オプションサービス)

「DX人材育成インセプションプログラム」終了後、引き続き組織にあわせたコンサルティングを受けることで、XEジャーニーに繋がります。

DX人材育成インセプションプログラム

DX人材育成インセプションプログラム

  1. type1

  2. type2

  3. type3

  4. type4

DX人材育成インセプションプログラムへのお問い合わせ