ターゲット
大企業 国・自治体 地方アトツギ
提供サービス
コンサルティング・メンタリング 事業開発支援 プロダクト開発支援 研修・ワークショップ 段階的かつ複合的

DXJourneyの実例(大企業)

證券会社様

  • 仮説検証型アジャイル開発の研修
  • DX支援テーマの選定
  • 仮説検証やアジャイル開発の実践伴走

仮説検証型アジャイル開発の研修から始まり、DX推進部署でのプロダクト開発支援を推進。
仮説検証およびアジャイル開発の実践を伴走しながら、組織内での取り組みを広げている。
完全新規のプロダクトから既存事業のSoE領域、基盤化されたSoRの活用など段階的にTransformation支援。

保険会社様

  • チーム向け
    アジャイル開発導入研修
  • アジャイル開発パイロット
    プロジェクトの計画作り
  • DX個別プロジェクト支援
    (アジャイルコーチ技術支援)

アジャイルを実践するプロジェクトチームに向けた、実践に近い研修の実施。基礎固めをした後に、
アジャイルを実践適用するプロジェクトの計画づくりに伴走。組織内の合意形成を支援する。
組織DXの足がかりとなる個別プロジェクトにコーチとして携わり、段階的に役割を増強しながら、
内製チームとワンチームで実務的にプロジェクト推進にあたる。

DXJourneyの実例(地方アトツギ)

食品メーカー様

  • 業務改善のための研修
    (カンバンを用いた見える化)
  • 経営者との1on2
    (経営バックログ作りと運用)
  • 現場個別の支援
    (情報システム部、マーケティング、工場、EC)

業務改善のための研修をベースに、基礎的な知識補強を推進。アトツギ経営者との1on1、1on2を軸に、
組織変革のための経営バックログ作りと運用を担う。経営者の特に推進したいところを適時捉えながら
補強や支援が必要な現場を個別に支援する。組織全体でのスクラムを推進。

電機製品卸会社様

  • 営業現場のフィールドワーク
    課題の抽出とカイゼン策構想
  • 業務現場でのカイゼン実験
    及びカイゼン施策の特定
  • カイゼンのためのプロダクト開発、再度仮説検証

現場とともにフィールドワーク(現場観察)を実施。課題の抽出とカイゼン施策を構想立案。
仮説立てた施策の実験を進めながら、特に効果的な取り組みを特定。プロジェクト化し、内製を想定した
チームを組成し、プロダクト開発を実施。段階的に取り組みを広げる。

DX journey for SIer

「仮説検証型アジャイル開発」修練7週間プログラム について詳しくはこちらから