ビジョン

Red for Japan

ミッション

社会の分断をつなぎ直す

価値観

ともに考え、ともにつくり、そしてともに越える

「REDとは、行動に勇気を必要とし、結果として笑顔と感動を生み出すものなのだ。」

5つの価値基準

勇気
笑顔
情熱
伴走
洗練

会社概要

会社名株式会社レッドジャーニー Red Journey inc. (旧社名 株式会社エナジャイル)
設立2017年6月1日
資本金1,300,000円
代表者市谷 聡啓
事業内容
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)支援
  • 新規事業、新規プロダクト開発支援
  • 内製チームの立ち上げ、アジャイルなチーム育成
  • 業務部門のカイゼン
  • 研修・ワークショップ

代表メッセージ

株式会社レッドジャーニー(Red Journey)は、組織の変革(DX)、新規事業・新規サービス開発に伴走し、ともに実践するために立ち上げた組織です。

私達は、どういうあり方を目指し、どのような手段を取って行けばよいか、正解など誰にも分からない不確実性の高い状況下で、それでも前に進んで行こうとする方々とともにあります。
私たちが掲げる「ともに考え、ともにつくり、そしてともに越えること」という価値観はそのためのものです。

こうした活動を積み重ねていくことで、社会における様々な分断、それは組織内の分断であったり、さらには人々の営み、日常における分断をつなぎ直していく。これを果たすべきミッションとして私たちは追い求めていきます。

そして、社会の分断をつなぎ直すことは、この国自体のあり方をより良い方向へと変えていく原動力になると考えています。

皆様とともに、RED(再定義)のJourney(旅)を続けて参りたい所存です。

代表プロフィール

株式会社レッドジャーニー 代表
政府CIO補佐官
DevLOVE オーガナイザー

サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。
プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、自らの会社を立ち上げる。
それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。
訳書に「リーン開発の現場」がある。

著書に「カイゼン・ジャーニー」「正しいものを正しくつくる」「チーム・ジャーニー」「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」がある。
プロフィールサイト https://ichitani.com/

RED CODE

red principle

RED(DX)のためのプリンシプル(原理原則)。
詳しくはこちらをご覧ください。